年齢・性別

【女性向け】教員からの転職を考える女性が確認しておきたいポイントとは?

教員という仕事は女性が働く割合も多く、児童や生徒の成長を親の次に近くで見られるやりがいのある仕事ですよね。

一方で、日々の仕事量の多さや長時間労働、保護者対応の難しさなどに悩み、教員からの転職を考える先生も多くいます。

この記事では「よりやりがいを持って働ける仕事をしたい」「家族やプライベートの時間を大切にしたい」と転職を考える女性教員に向けて、確認しておきたいポイントや女性におすすめの転職エージェントをご紹介します。

本当に教員から転職していいの?

教員からの転職をしたいと友人や家族に打ち明けると「せっかく試験に受かったのにもったいない」「安定した職業なのにどうして?」と言われることもあるのではないでしょうか。

管理人である私も、結婚を機に教員を辞めましたが「教員を辞めなくてもいいのでは」「教員は女性が働きやすいよ」と言われて、「本当に教員から転職してもいいのだろうか・・?」と悩んだ時期があります。

私は結局教員から一般企業へ転職をしましたが、今では家庭での時間を大切にしつつもやりがいのある仕事をさせてもらえて、「あの時自分で決めた転職ができてよかった」と感じます。

確かに、なんとなく転職したいと思って衝動的に転職するのはおすすめしません。

しかし自分なりのやりたいことや実現したい未来があって、そのために転職が必要だと考えるのであれば転職するのはおすすめです。

教員になったからといって、一生教員を続けなくてはいけない理由はありませんよね。

自分の人生ですから、よりよくするための手段として教員からの転職を成功させましょう。

女性教員の転職理由は?

女性が働きやすい職業とも言われる教員ですが、転職する理由にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

結婚・出産・育児などでライフスタイルが変わった

女性の転職理由で最も多いのがライフスタイルの変化です。

結婚によって引越しをする必要があったり、パートナーとの仕事の兼ね合いで転職を考える人も多いでしょう。

また出産・育児をきっかけに、より家族との時間を増やせる仕事への転職をするワーキングマザーもいます。

他にやってみたい仕事がある

自身の興味やキャリアアップのために教員からの転職を考える女性も多いですね。

転職の理由としては前向きなものなので、自分がやりたいことにあった求人に出会えれば転職先の企業からの印象も良く採用につながりやすいかもしれません。

やりたい仕事によっては資格などが必要な場合もあるので、よく確認をしておきましょう。

長時間労働が体力・精神的に辛い

教員の仕事として以前から問題視されている長時間労働や仕事量の多さに疲れてしまう女性も多いのではないでしょうか。

20代前半こそは体力もありなんとかなったものの、次第に責任も増えてくるにつれて辛くなってしまう人もいます。

また日々の生徒や保護者対応にストレスを感じる人も。限界まで我慢する前に、働きやすい場で仕事をするための転職を決断する人も増えています。

女性教員が転職で気をつけたいポイントは?

3月末か学期終わりでの転職がおすすめ

ご存知の通り、教員の仕事は1年間ごとの区切りになっているものが多いですよね。

円満な退職のためには、やはりなるべく学校に迷惑のかかりにくい3月末での退職ができるといいですね。

また非常勤講師として教員をしている場合でも、3月末あるいは契約期間の満了まで務めてからの方がおすすめです。

ただしやむを得ない事情がある場合はまた別ですので、管理職とも相談の上で決めることが大切です。

目先の条件だけではなく、長期的な視点で求人を選ぶ

様々な求人情報を見ていると年収や勤務体系、有給取得率などついわかりやすい条件に目が行きがちです。

もちろん年収や有給も大切な判断材料の1つではありますが、長く働き続けたいのであれば、3年後5年後といった中長期での視点で応募する求人を選ぶことが大切です。

例えば将来子育てしながら働きたいのに、転職先の企業には子育てをしながら働く女性が少なければあなたの理想の働き方には合いませんよね。

このような詳しい働き方は、表面的な求人情報にはあまり出てこないので、しっかり確認したい場合はこの後にご紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職について相談できる人を見つける

自分一人で求人を見て応募して面接を受けて・・・と転職活動をするのは不可能ではありませんが、多くの人は教員として働きながら転職活動をしていくかと思います。

迷ったり悩んだりした時、たった一人ではどうしていいかわからなくなって結局転職を諦めてしまうことも。

たった一人でもいいので、転職について相談したり悩みを聞いてもらえたりする人がいると転職活動を頑張れます。

家族やパートナー、友人でもいいですし、専門知識も得たいのであればプロのアドバイザーの力を借りるのもおすすめです。

女性教員が転職する時に転職エージェントを利用すべき理由とは?

転職を考えたときに求人を探す方法というのはたくさん存在します。

ハローワークや求人サイト、住んでいる場所によっては女性に特化した転職紹介所もありますね。

それぞれのサービスはどれか1つに絞る必要はなくいくつか併用することも可能です。

中でも特に教員からの転職を考えている女性にぜひ利用していただきたいのが、転職エージェントです。

例えば一般的な転職サイトは、求人が紹介されていて自分で良さそうなものを見つけて応募するというスタイルが一般的です。

簡単に求人が閲覧できるしボタン一つで気軽に応募もできるのはメリットなんですが、数千ある求人から自分にぴったりの求人を見つけるのは非常に大変で時間がかかるのがデメリットです。また求人選びから応募、面接などの転職に関わる全ての行程を、教員として忙しく働きながら自分一人でこなさなければなりません。

一方転職エージェントでは、プロの転職アドバイザーが転職に関わる行程を手厚くサポートしてくれます。

面接の練習やビジネスマナーのセミナーなどを行っている転職エージェントもありますし、特に女性の転職が得意な転職エージェントもあるんですよ。

女性ならではの不安やライフスタイルの変化を見通した上であなたに合う求人を紹介してくれるので、女性にとってありがたいサービスですね。

これら全てのサービスが無料で利用できるというのもかなり嬉しいポイントです。

転職エージェントは一人一人に合わせた求人をマッチングするため、webから登録した後に面談を行います。

「ただでさえ忙しいのに面談なんて・・」と思うかもしれませんが、

  • 一人で地道に求人を探す手間が省ける
  • 転職に関する相談がいつでもできる
  • 一般には出ていない非公開求人が見られる
  • セミナーや面接の練習も無料でできる
  • 社内の雰囲気や女性の活躍などを確認することができる

といったメリットを考えると、結局時間も労力も短縮できます。

おすすめの女性向け転職エージェント

ご紹介する転職エージェントは、特に女性の転職で評判の良い2社です。

どちらか1社を選んで登録してももちろんいいのですが、転職エージェントによって扱っている求人が違うため、2社とも登録をして様々な視点から求人を提案してもらうのもおすすめです。

無料登録は1〜3分程度で終わりますので、転職を考え始めたらまず登録しておきましょう。

女性の転職サポートが手厚い【パソナキャリア】

>>【パソナキャリア】公式ページはこちら

大手ならではの求人数が魅力【マイナビエージェント】

>>【マイナビエージェント】公式ページはこちら