転職先別

教員から営業職へ転職したい!給料や仕事内容、やりがいとは?

教員は人と関わることが多い仕事のため「コミュニケーションスキルを活かした仕事に転職したい」と考える方も多いのではないでしょうか。

中でも営業職は、コミュニケーション能力や人の話を聞くことがとても重要な仕事のため、教員からの転職にもおすすめです。

そこでこの記事では、教員から営業職へ転職したいと考えている方に向けて、営業職の給料や仕事内容などをご紹介します。

営業職の仕事内容とは?

営業の仕事と聞くと「一方的な押し売り」「ノルマがきつくて大変そう」と言ったイメージを持ちがちですが、本質は全く違います。

本来の営業の仕事は「会社が作った商品・サービスを悩んでいる人や求めている人に紹介をして、お客様の悩み解決や幸せに繋げること」です。

つまり商品とお客様の架け橋となる仕事ということですね。

営業と一言で言っても、様々な形式があります。大きく分けると次の3つに分類されます。

・新規のお客様への営業

一般的な営業のイメージの仕事がこれに当たるかと思います。

まだ商品に触れたことのないお客様に対しておすすめをしていく営業方法で、一から信頼関係を築いていく必要があります。コミュニケーションスキルが最も活かされるでしょう。

・ルート営業

すでに商品やサービスに触れたことのあるお客様を定期的に訪れるタイプの営業です。

一度作った信頼関係のメンテナンスといったイメージですが、ちょっとした会話から新規のお客様の紹介に繋がったり別の商品を提案できたりすることも多いので、大切な営業の一つです。

・電話による営業

外回りではなく、オフィス内などから電話をする営業形式です。内勤なので体力的に外回りが辛い人には向いているでしょう。

一方で相手の顔が見えないのでニーズがつかみにくく、対面営業以上に高いコミュニケーション能力が必要です。

電話のみで商品を売るというよりも対面の営業に繋げる約束をもらうことが目的のことが多いです。

営業職のやりがいやメリットは?

商品やサービスが売れる嬉しさや達成感が味わえる

営業職のやりがいは、やはり自分が提案した商品やサービスが売れた瞬間ではないでしょうか。

1つの商品やサービスを売るのは簡単なことではありません。提案したいお客様のニーズを聞き出した上で、時間をかけてリサーチや提案をしていくこともあります。

工夫しながら時間をかけて相手が納得してくれるのは、時間をかけて準備した授業で生徒が「わかった!」と理解してくれる感覚に近いのかもしれませんね。

お客様から直接感謝される

正しい営業をしていけばお客様からの「ありがとう」という感謝の言葉をたくさん聞くことができます。

商品を売れたことよりも「お客様からのありがとうの言葉が一番嬉しい」と話す営業職の方も多いですね。

成果を出せば給料アップもできる

営業職の中には基本給の他にインセンティブが用意されている企業もあります。

インセンティブとは営業成績によって追加される報奨金のことで、自分が達成した成果の分が給料にプラスして反映されるのでやる気にもつながります。

インセンティブが発生する条件は企業によっても違いますが、「1件いくら」「1ヶ月にここまでできたら」と基準が決まっていることが多いです。

自分のペースで仕事ができる

個人で営業していく場合は、朝オフィスに出勤すればその後は外回りをして直帰することもできる企業もあります。

自分でスケジュールを立てて成果が出せればいいので、自分のペースで仕事を進めていくことができます。

営業職の悩みやデメリットは?

成果が出せなければ給料が下がることも

成果を出した分だけ給料アップをするということは、逆に成果を出せなければ給料ダウンする可能性もあるということです。

基本給がある企業であれば最低限の収入が確保できますが、完全成功報酬の場合は厳しい月もあるかもしれません。

その分仕事への覚悟と責任感を持つことが重要です。

断られることが多いのでめげそうになる

特に新規営業の場合は、断られたり約束ができなかったりすることがほとんどです。

次第に断られることが当たり前になると気にならなくなりますが、はじめは心が折れそうになることもあるでしょう。

営業職の人はほぼ全員この辛い時期を乗り越えてきていますので、辛い時は先輩に相談することで解決できることも多いです。

目標やノルマを達成しなくてはならない

企業によっては厳しいノルマや達成目標を設定しているところもあります。

達成できなかったからと言って厳しく叱られる企業は少なくなってきましたが、給料面にも影響が出るため毎月の目標は常に意識をして仕事をしていく必要があります。

営業職の給料は?

20代で未経験の場合は月収約20万〜25万円あたりが多いようです。

またこれにプラスして営業成績によってインセンティブがもらえる場合もあり、企業や頑張りによって大きく変わるでしょう。

教員から営業職になるには?

営業職は未経験での転職先として人気の高い職種のため、求人もたくさん出ています。

特に必要な資格などはありませんが、コミュニケーションスキルや社会人としてのビジネスマナーは最低限身につけた上で転職活動をした方が、求人先に与える印象も変わります。

営業職の求人は転職サイトにも多く出ているため自分で探して応募することもできますが、教員として毎日働きながら

  • 求人を探して応募する
  • 履歴書や職務経歴書などを作成
  • ビジネスマナーを学び直す
  • 面接に向けて本を買って対策をする

など、様々な転職活動を並行するのはかなり大変です。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントとは、プロの転職アドバイザーが転職に関わる行程を手厚くサポートしてくれるサービス。

カウンセリングをした上であなたに会う求人を提案してくれたり、面接びの調整などをしてくれます。

さらに面接の練習やビジネスマナーのセミナーなどを行っている転職エージェントもあり、転職に不安や覚悟を伴う教員にとっては心強いですよね。

転職エージェントに関わる費用は求人を出している企業が支払っているため、転職希望者は全てのサービスが無料で利用できるというのもかなり嬉しいポイントです。

転職エージェントは一人一人に合わせた求人をマッチングするため、webから登録した後に必ず面談を行います。

人によっては「忙しいのに面談なんて・・」と思うかもしれませんが、

  • 一人で地道に求人を探す手間が省ける
  • 転職に関する相談がいつでもできる
  • 一般には出ていない非公開求人が見られる
  • セミナーや面接の練習も無料でできる
  • 職場の雰囲気や環境など求人票だけでは見えない部分を知ることができる

といったメリットを考えると、結局時間も労力も短縮できますね。忙しい教員には非常にありがたいサービスです。

営業職の求人が豊富なおすすめの転職エージェント

20代の転職なら【就職Shop】


>>リクルートが運営【就職Shop】公式ページはこちら

 

20代後半〜30代なら【リクルートエージェント】

>>【リクルートエージェント】公式ページ