転職先別

教員から学童保育の先生へ転職したい!給料や仕事内容、やりがいは?

学童保育の先生は、教員と同じ小学校の敷地内にいることも多く、教員からの転職を考えた時に考える職業の1つだと思います。

そこでこの記事では、教員から学童保育の先生への転職を考えている方に向けて、仕事内容や給料、やりがいなどについてご紹介します。

>>すぐに学童保育の仕事を探すならこちら

学童保育の仕事内容は?

学童保育の先生は「学童保育指導員」とも呼ばれています。

小学校3年生ごろまでの低学年を中心に、放課後や休日の居場所を作ってあげる仕事です。

女性が多い印象の仕事ですが、パワーあふれる子供達と遊んだり施設の整備などもあるため、現場では男性の指導員も求められています。

共働き家庭が増えている関係から、2015年からはそれまで小学校3年生までだった対象を小学校6年生までに引き上げられましたが、高学年は塾など別の習い事をしている子も多く今でも学童にくる子の多くが小学校低学年です。

子供達が学童にやってくるのが14時前後からが多いので、お昼頃に出勤して夜は19〜20時頃に退勤という勤務体系が多いですね。

具体的な仕事内容は学童保育の施設によっても様々ですが、

  • 施設の掃除
  • 子供達の宿題など学習のサポート
  • 子供のおやつの準備
  • 子供と一緒に遊ぶ
  • 保護者とのコミュニケーション(お迎え時など)

が中心となります。

施設によってはスポーツや音楽などの習い事を行なっている場合もあります。

学童保育のやりがいやメリットは?

子供の成長を見守ることができる

教員と同じように、ほぼ毎日子供の成長を見守ることができます。

学童支援員には子供の成長がやりがいと考えている先生も多く、転職後も子供と関わる仕事がしたいと考えるならぴったりの仕事と言えますね。

教員免許や経験を活かせる

子供に関わる仕事なので、教員時代の経験やスキルを活かすにはぴったりの仕事と言えます。

特に小学校教員は接する子供の年齢も同じなので、声の掛け方や宿題についての指導などで経験をそのまま活かせることが多いですね。

また教育というよりも見守ったり一緒に遊んだりすることが多いので、授業をすることに違和感や苦手意識を持っていた方は学童保育の方が子供と一緒に楽しみながら仕事ができるのではと思います。

学童保育の悩みやデメリットは?

子供同士の関係や安全面での配慮が必要

教員と同様、学童保育も子供を預かる以上安全面での配慮は必須です。特に低学年の子供たちはケガをすることも多いので、常に子供の行動に気を配る必要があるでしょう。

また子供同士のいざこざやケンカなどの仲裁をしなければいけないことも多いです。

体力勝負な面が多い

元気いっぱいの遊び盛りの子供達と毎日過ごすにはかなり体力が必要となります。

勤務時間は長くはないものの、特に慣れないうちは毎日ヘトヘトになることもあります。

職員同士の人間関係に悩むことも

女性が多い職場なので、中には職員同士の人間関係に悩んでしまうこともあるようです。

ただし人間関係の悩みはどの職場でのあり得ることですので、深く関わりすぎずに上手に立ち回ることが大切です。

できれば入社前に施設や働いている人の様子を確認できると避けやすくなりますね。

学童保育の給料は?

学童保育の先生の給料は月収で15万〜20万円程度です。

高くはない給料ですが、学童保育の需要が高い首都圏や関西圏では20万〜23万円とやや高くなる傾向にあります。

学童保育の先生になるのに必須の資格はありませんが、2015年から「放課後児童指導員」という資格が新設されました。

「学童保育のプロ」という位置付けになり、1つの施設に2人以上「放課後児童指導員」の資格を持つ職員を置くことが義務化されています。

資格取得にはいくつか条件がありますが、教員からの転職を考える場合は、

  • 保育士免許・幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭免許を持っている
  • 各自治体で行われている「放課後児童支援員都道府県認定資格研修」を受講する

この2点の条件が満たせれば取得可能です。

「放課後児童指導員」の資格がなくても学童保育の先生にはなれますが、あればより転職に有利になるかもしれません。

学童保育の先生になるには?

学童保育の求人は転職サイト等で募集されていることが多いですが、時期によってはあまり求人が出ていないことも。

そこでおすすめのなのが、学童保育指導員専門の転職エージェントです。

>>【はじめての学童指導員】公式ページはこちら

「はじめての学童指導員」は、教育や保育・介護系の転職に特に力を入れているサクシードが運営する転職サイトです。

専門のコーディネーターがカウンセリングをした上であなたにあった求人を提案してくれます。一般的な転職サイトやハローワークなどには出ていない非公開求人を常時3000件以上持っているので、条件にあった転職先が見つけやすいですね。

「まだ学童保育の先生になるか迷っている」「まずは求人だけ見てみたい」「相談だけしたい」という場合でも、LINEで気軽に相談ができます。(ちなみに全て無料のサービスです)

これから新学期に向けて求人も増えてくる時期。

条件のいい施設はどんどん求人が締め切りになってしまうので、転職を考えたら早めに無料登録だけでもしておくのがおすすめですよ。

>>【はじめての学童指導員】公式ページはこちら