転職先別

教員から塾講師へ転職したい!給料や仕事内容、やりがいとは?

教員からの転職を考えると、勉強を子供に教える仕事である塾講師は転職先の1つとして必ず考える仕事ですよね。

実際に、教員から塾講師へと転職する人は多いです。

そこでこの記事では、塾講師の仕事内容や給料などをご紹介します。

塾講師の仕事内容とは?

塾講師の仕事には、大きく分けて2つの目的があります。

  1. 志望校合格のために受験勉強を指導する
  2. 学校の授業の予習・復習のためにサポートとして指導する

どちらも生徒に勉強を指導することには変わりはありませんが、目指す方向が違います。

塾講師への転職を考えているなら、自分はどちらの指導をしたいのか、どちらもしたいのかを明確にしておくと、転職先の塾選びにも迷うことが少なくなりますね。

授業形態も塾によって様々です。少人数やマンツーマン指導の個別塾や、10人〜20人程度に一斉授業を行う塾などがあります。

また講師以外にも教室を運営する教室長という役割もあります。

一般的に講師は学生アルバイトが行い、社員が教室長として運営をすることが多いため、正社員で塾講師へ転職することを考えると、将来的に教室長になることを期待されます。

塾講師のやりがいやメリットは?

生徒の成績アップのサポートができる

塾講師としての一番のやりがいは、やはり生徒の成績アップをサポートできることでしょう。

個別授業や少人数のクラスが多いため、一人一人の生徒との距離も近く学校よりもより近くで指導ができます。

「テストの点数が上がった」「志望校に合格できた」という生徒の目標達成は勉強に深く関われる塾講師ならではのやりがいです。

また生徒だけでなく、保護者からも直接感謝されるので自分の指導への自信にも繋がります。

教員での経験を生かすことができる

塾講師は、教員として生徒に授業をしていた経験が活かしやすい職業です。授業の形式は変わっても、専門教科の知識や教え方は通用する部分も多いでしょう。

また塾ならではの指導の仕方やテクニックを学ぶ機会もあるので、指導者としてのスキルアップにも繋がります。

塾講師の悩みやデメリットは?

勤務時間が遅い

塾は学校が終わった午後から夜にかけてが勤務時間になることが多いため、教員時代とは生活のリズムが変わってしまう可能性があります。

昼の12時ごろに出勤し、業務終了は22〜23時ごろの勤務形態が多いです。家族と生活リズムが変わってしまう方は大変な環境かもしれません。

通塾に関する営業もする必要がある

塾は学校とは違い利益を求めていくビジネスです。

そのため、生徒や保護者に対して授業の受講を増やしてもらうための営業活動をする必要も出てくるでしょう。

今まで指導しかしてこなかった教員にとっては、はじめは違和感を感じるかもしれません。

連休は取りにくい

塾にもよりますが、休日は日曜と平日のどこか1日という取り方が多いためなかなか連休を取るのは難しいでしょう。

特に受験直前の年末年始は、講習や合宿のため休暇が取れない場合もあります。

塾講師の給料は?

塾講師の働き方は、大きく分けて「講師として授業を担当する仕事」と、「教室長として塾の運営を担当する仕事」の2つの求人があります。

講師の給料は未経験の20代講師で月約25万円〜が多いです。一般的な教員と比べても同じくらいか、少し高いくらいではないでしょうか。

教室長の給料は未経験の20代講師で月約30万円〜と、一般的に責任や業務量が多くなる教室長の方が給料は高いですね。

また賞与や各種手当、社会保障が充実している企業も多いので安心です。

教員から塾講師になるには?

塾講師になるために教員免許は必須ではありませんので、担当したことがない教科も指導することができます。

塾の授業は成績アップや志望校合格などの結果を出すことが重要になってきます。

また教室長であれば生徒や保護者とのコミュニケーションや、ビジネスとしてマネジメントや経営についての知識も必要となるでしょう。

塾講師の求人は、大手から地域密着のものまで多く出ていますので、塾の指導形式や勤務条件などをよく確認して見ましょう。

転職サイトを自分で見ながら求人を探してもいいですが、教員の仕事をしながら一人で転職活動をしていくのはかなり大変ですよね。

正社員として自分にあった塾講師の仕事を探すなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、プロの転職アドバイザーが転職に関わる行程を手厚くサポートしてくれるサービスで、転職エージェントは一人一人に合わせた求人をマッチングするため、webから登録した後に必ず面談を行います。

人によっては「忙しいのに面談なんて・・」と思うかもしれませんが、

  • 一人で地道に求人を探す手間が省ける
  • 転職に関する相談がいつでもできる
  • 一般には出ていない非公開求人が見られる
  • セミナーや面接の練習も無料でできる
  • 職場の雰囲気や環境など求人票だけでは見えない部分を知ることができる

といったメリットを考えると、結局時間も労力も短縮できますね。忙しい教員には非常にありがたいサービスです。

塾講師の求人が豊富なおすすめの転職エージェント

大手企業からベンチャーまで幅広い【マイナビエージェント】

>>【マイナビエージェント】公式ページはこちら

 

豊富な非公開求人と大手の安心感【リクルートエージェント】

>>【リクルートエージェント】公式ページ

 

転職者の71%が年収アップの実績【type転職エージェント】

>>【type転職エージェント】公式ページはこちら