転職先別

教員から企画職へ転職したい!給料や仕事内容、やりがいは?

教員からの転職を考えた時に、異業種である企画職への転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

実は企画職は教員での授業や行事計画での経験を活かせることも多く、隠れたおすすめの転職先なんです。

そこでこの記事では、教員から企画職への転職を考えている方に向けて、給料や仕事内容、やりがいなどについてご紹介します。

企画職の仕事内容は?

企画職の仕事は、新しい商品やサービスを企画・提案した上で、販売スケジュールや販売経路などを具体的に立案していくことです。

新しいアイディアだけ提案するのが企画の仕事と考えるかもしれませんが、その後の具体的なスケジュールや戦略なども綿密に練っていくのも重要な仕事です。

企画する商品やサービスは企業によって様々ですが、製造や営業、マーケティング部門とも連携しながら仕事を進めていきます。

所属する企業についての知識や経験も必要になってくるので、企画職として入社してもまずは別部門を経験してから企画に配属される場合もあります。

具体的な仕事例としては

  • 企画や販売価格、販売戦略などを決めるため打ち合わせを重ねる
  • 経営陣に具体的に企画をプレゼン
  • 製造部門など関連部署との連携
  • 販促物や資料などを作成
  • 営業や販売店での販売方法をプランニング

など、その仕事が幅広いことがお分かりいただけるかと思います。

わかりやすく教員の仕事に置き換えると

  • 修学旅行の立案
  • 日時やスケジュールの決定
  • 引率教員の決定と打ち合わせ
  • 旅行会社への依頼

などが企画職と通じるのではないでしょうか。

企画職のやりがいやメリットは?

自分のアイディアや提案が形になる

企画職のやりがいは、やはり自分のアイディアや提案が形となって販売されることです。

形になるまでには時間もかかったり苦労をしたりすることもありますが、この一瞬で全て報われるという人も多いようです。

コミュニケーション力やプレゼン力を活かせる

提案した企画を具体的に進めていくには、様々な部署や企業との連携が不可欠です。

そのためには企画の良さを伝えるプレゼン力やコミュニケーション力が大切です。

教員は授業や保護者対応などの経験からどちらも兼ね備えていることが多いので、企画職としてもスキルが活かせるでしょう。

企画職の悩みやデメリットは?

会議や打ち合わせ、プレゼンが多い

企画が進むにつれて、会議や打ち合わせなどへの参加が必要となるので多くの時間が取られます。

また移動時間や準備の時間もあるため、会議の合間をぬってうまくスケジュールを立て行動していくことが大切になってきますね。

常に新しい企画やアイディアのネタを探す必要がある

何もない0から1を生み出す作業は、すでにある1から10にするよりも大変です。

新しい企画を提案するためにプライベートでも街中や雑誌などあらゆる媒体にアンテナを張って頭を働かせている人も多くいます。

新しいことを考えているのが楽しい人ならいいのですが、慣れないうちや無理して企画を考えていると苦しくなることもあるかもしれませんね。

企画職の給料は?

企業によって様々ですが、未経験からの転職の場合は月収約25万〜30万円が多いようです。

企画だけでなく営業や販促までの業務もあるものだと給料も上がる傾向にあります。

教員から企画職になるには?

企画職の求人は転職サイト等で見ることができますが、教員からだと未経験の異業種への転職となるので業界や職場の環境などわからないこともたくさんあるかと思います。

また教員として忙しく働きながら転職活動を一人で進めていくのはかなり大変ではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

無料でプロのアドバイザーのサポートを受けながら、転職活動を進めていくことができる上、業界や企業の職場環境などの状況も教えてくれるので転職に関する不安を解決して安心して転職をすることができます。

おすすめの転職エージェント

20代の転職なら【就職Shop】


>>リクルートが運営【就職Shop】公式ページはこちら

 

20代後半〜30代なら【リクルートエージェント】

>>【リクルートエージェント】公式ページはこちら