退職・転職の基礎知識

教員からの転職先でおすすめな職業は?幅広い経験を生かして働こう

「教員から転職することを考えているけど、どんな転職先がいいんだろう?」
「教員で身につけたスキルでできる仕事って何があるの?」

せっかく教員として仕事をしてきたのであれば、今までの経験やスキルが活かせる職業に転職できるといいですよね。

そこでこの記事では、教員からの転職におすすめしたい職業を、活かせるスキル別にご紹介します!

教員はどんなスキルを持っているの?

授業や部活、保護者対応など様々な仕事をしてきている学校の先生は、

  • 授業や生徒指導のスキル
  • コミュニケーション能力
  • 企画・アイディア力

この3つのスキルが身についていることが多いです。

それぞれ簡単にどのようなスキルか確認してみましょう。

授業や生徒指導のスキル

教員だからこそ身についているスキルですね。

この授業や生徒指導をそのまま活かせる職業であれば、多少学校とは違う環境になってもこれまでの経験を存分に活かすことができるでしょう。

ただし授業や子供と直接接する職業以外では直接活かす機会がすくないため、こだわりすぎるとある程度転職先が限定されてしまうのがデメリットです。

コミュニケーション能力

保護者や生徒、同僚の先生など多くの人と接する教員は、コミュニケーション能力は高めです。

どんな職業でも人とのコミュニケーションは必要ですので、転職先の職業の幅はかなり広く設定できるでしょう。

職業によっては今まで接したことのない人とのコミュニケーションが必要になるので、ある程度業界や企業の専門知識を勉強することが大切です。

企画・アイディア力

教員は日々の授業や行事などで企画をしたり計画を立てたりする機会が多いので、企画することや新しいアイディアを仕事に活かせる職業もおすすめです。

常に新しい情報や流行を考えるのが好きな方は、楽しみながら働けるのではないでしょうか。

スキル別 教員からの転職先におすすめの職業

授業や生徒指導のスキルを活かす

  • 塾講師・塾の運営
  • 子供向けの習い事教室の講師・運営
  • 家庭教師

授業を教えたり子供と関わる仕事であれば、授業や生徒指導のスキルは大いに活かすことができます。

やはり代表的なのは塾講師や家庭教師です。特に受験指導や私立中学校受験の経験があるとより重宝されます。

また塾の運営を前提とした求人も多く、講師だけに比べると年収も高くなる傾向にあるようです。

また少子化に伴って幼児や小学生向けの習い事も非常に活発です。

学習系だけでなく英語やプログラミング、理科の実験教室などかなり幅広いので、自分の得意や専門教科によっては活かせる職業ですね。

コミュニケーション力を活かす

  • 営業職
  • 介護職
  • サービス業

コミュニケーション力が活かせる仕事はとても多いですが、中でも未経験からの転職先として求人が多いのが営業職です。

「無理やり商品を売りつける仕事」という悪いイメージを持つ人もいますが、相手の話をしっかり聞いてニーズにあった商品やサービスを提案することが大切なため、話を聞くのが好きな人の方が成績が良いことも多いんです。

介護職やサービス業も、やはり相手の話を聞くというのが大切なコミュニケーション力を活かせる職業ですね。

行事や授業計画などの企画・アイディア力を活かす

  • 企画職
  • 商品開発

行事の運営や授業の計画を立てるのが好きな方は、商品やサービスを開発したり企画したりする仕事も向いているかもしれません。

特に企画職は営業職と一緒になっている企業もあるため、コミュニケーション力も活かすことができますね。

学習に使う教材開発に関わる企業であれば、授業経験や専門教科の知識も活用することができるかもしれません。

教員のスキルを活かして転職先を選んでみよう

一見教員としての経験は学校の中だけでしか活かせないと思われがちですが、実は少し視点を変えるとさまざまな職業で活かせる場面がたくさんあります。

もちろん、今までと違う職業に転職するとなれば新しく学ぶことも多いし楽に転職はできないでしょう。

でももし今の教員の仕事に行き詰まりを感じていたり、他にやりたいことがあるのであれば転職もできるということを知っていただけたらうれしいです。

>>おすすめの転職エージェントランキングはこちら