教科別

理科教員からの転職|経験が活かせるおすすめの職業は?

「理科の教員から転職をしたい。でも自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」

学校で教える教科の中でも化学や物理、生物、地学などそれぞれの専門知識が必要となる理科教員は、子供の身近な自然や科学に興味を持たせてあげられるやりがいのある仕事です。

しかし中には、今の教員としての働き方に違和感を感じてより自分の知識やライフスタイルにあった仕事に転職したいと考えている先生もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、理科教員から転職をしたいと考えている人に向けて、おすすめの職業をご紹介します。

「もう転職することは決めている」という方はもちろん、「すぐに転職するつもりはないけど考えている」という方にも参考になるかと思いますので、最後まで読んでみてくださいね。

理科教員の転職理由とは?

まずは理科教員の転職理由にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

実験や授業準備の時間が取れない

理科の授業で子供たちが一番楽しみにしているのは、実験や実際のものに触れることですよね。

特に小学校・中学校では、実験を行うことでより生徒の理解が深まることも多く、積極的に実験を授業の中に取り入れたいと考えている先生も多いかと思います。

しかし現実的には十分な授業準備の時間が取れなかったり、年間の授業数の関係で実験の数を減らさざるを得ないことも。

そのジレンマから、学校とは違う形で理科教育に関わりたいと考える先生もいます。

教えるよりも自分で研究や実験をしたい

先生の中には、教員として教えるよりも自分で実験や研究に没頭したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

理科教員だと基本的な内容を生徒に教えて理解してもらえる喜びややりがいはありますが、自分で検証・考察を繰り返して学問として理科と向き合うことは難しいかもしれませんね。

理科の専門知識を企業で活かしたい

基本的な内容を教えるよりも、より自分の専門知識を活かせる環境に行きたいと思い転職を考える方もいます。

教員とは違う環境の中で働くことになるのでそれなりの苦労はありますが、それでも企業で働きたいという強い思いを転職活動の中で伝えていくことできますね。

理科教員ならではの強みとは?

化学や物理などへの専門知識と興味がある

理科教員が持っている各専門分野への知識は、転職先によっては存分に活かすことができる可能性があります。

もちろん学校で教えている内容よりもさらに深い知識が必要となる場合も多いので、さらに自分で理解を深めていく必要はありますが、元々興味を持っている分野であれば前向きに仕事にも向き合えるのではないでしょうか。

コミュニケーション力が高い

知識に加えて教員としての強みは、コミュニケーションが高いことがあげられます。

どんな職業や企業でも、コミュニケーション能力は必要不可欠ですので、1つの強みとして考えられるのではないでしょうか。

また教員が毎日当たり前のように人前に立って話すスキルも、企画などのプレゼンや顧客への提案をする先に役立ちます。

理科教員の転職におすすめの職業とは?

学習塾の講師・運営

教員としてのスキルを存分に活かすのであれば、学習塾の講師は一番転職しやすい職業です。

企業側も即戦力を期待しているので、お互いにニーズが合いますね。また受験指導をした経験があればなお重宝される可能性が高いでしょう。

また講師だけではなく、教室長としての運営に携わる求人もあります。

講師に比べると運営の方が年収も高いので、年収アップを狙うのであればこちらもおすすめです。

理科実験教室の講師・運営

幼児や小学生を中心に人気の習い事として注目されているのが理科実験教室です。

学校とはまた違った視点で理科教育に関わることができるので、実験を通して子供に理科への興味や関心を深めてほしいと考える人にとってはぴったりの仕事ですね。

こちらも講師だけではなく運営にも関わることができる場合があります。

研究開発職

教育とは違う異業種へのチャレンジならば、研究開発に携わる職業もおすすめです。

各企業によって仕事内容は様々で、食品・繊維・医療などの商品化に向けた研究や開発を行うことができます。

化学や物理などの専門知識が不可欠ですが、未経験でも採用可能な求人も多く出ています。

医療事務・病院総合職

病院に勤務するという働き方の選択肢もあります。特に医療事務は残業が少なく定時に帰れることも多いので、家庭との両立をしたい女性に人気です。

また病院内での事務や広報などを総合的に病院を支える病院総合職という働き方もあります。

どちらも資格や経験なしで働ける、残業や休日出勤が少なめな求人も多いため人気の職業といえるでしょう。

理科教員からの転職先はどうやって探せばいい?

自分の強みや転職先へのイメージができたら、まずは求人を探してみましょう。

教員からの転職を考えたときに求人を探す方法は数多く存在します。

ハローワークや求人サイトなど様々なサービスがありますが、理科教員からの転職でぜひ利用したいのが転職エージェントです。

一般的な転職サイトは、求人が紹介されていて自分で良さそうなものを見つけて応募するというスタイルが一般的です。

簡単に求人が閲覧できるしボタン一つで気軽に応募もできるのはメリットなんですが、数千ある求人から自分にぴったりの求人を見つけるのは非常に大変で時間がかかるのがデメリットです。

また求人選びから応募、面接などの転職に関わる全ての行程を、教員として忙しく働きながら自分一人でこなさなければなりません。

一方転職エージェントでは、プロの転職アドバイザーが転職に関わる行程を手厚くサポートしてくれます。

さらに面接の練習やビジネスマナーのセミナーなどを行っている転職エージェントもあり、転職に不安や覚悟を伴う教員にとっては心強いですよね。

これら全てのサービスが無料で利用できるというのもかなり嬉しいポイントです。

転職エージェントは一人一人に合わせた求人をマッチングするため、webから登録した後に面談を行います。

人によっては「忙しいのに面談なんて・・」と思うかもしれませんが、

  • 一人で地道に求人を探す手間が省ける
  • 転職に関する相談がいつでもできる
  • 一般には出ていない非公開求人が見られる
  • セミナーや面接の練習も無料でできる

といったメリットを考えると、結局時間も労力も短縮できますね。忙しい教員には非常にありがたいサービスなんです。

理科教員におすすめの転職エージェント3選

最後に、理科教員からの転職におすすめの転職エージェントを厳選して3つご紹介します。

どれか1社を選んで登録してももちろんいいのですが、転職エージェントによって扱っている求人は違うため、複数登録をして様々な視点から求人を提案してもらうのもおすすめです。

無料登録は3〜5分程度で終わりますので、転職を考え始めたらまず登録しておきましょう。

大手企業からベンチャーまで幅広い【マイナビエージェント】

>>【マイナビエージェント】公式ページはこちら

 

豊富な非公開求人と大手の安心感【リクルートエージェント】

>>【リクルートエージェント】公式ページはこちら

 

転職者の71%が年収アップの実績【type転職エージェント】

>>【type転職エージェント】公式ページはこちら