今の学校別

中学校教員から転職したい!強みとおすすめの職業5選

「中学校の教員から転職をしたい。でもどんな職業に転職すればいいかがわからない・・・。」

中学校の教員というのは、子供から大人へと大きく変化する思春期の生徒を近くで見守ることができるやりがいのある仕事ですよね。

一方で、「部活動が負担」「生徒や保護者との人間関係が辛い」「教員以外の新しいことにチャレンジしたい」など、教員からの転職を考える先生も多いんです。

そこでこの記事では、中学校教員ならではの強みと、転職におすすめの職業をご紹介します。

中学校教員ならではの指導力や経験は、小学校や高校の教員とはまた違う強みとして活かすことができます。

「すぐに転職したい」と思っている人はもちろん、「そろそろ転職を考えている」くらいに考えている人にも参考になる内容ですので、最後までぜひ読んでみてくださいね。

中学校教員ならではの強みとは?

毎日様々な業務を行なっている中学校教員ですが、まずはどんな強みや得意なことがあるのかを見ていきましょう。

計画的に授業を進めていく力

年間の指導計画に沿ってスケジュールを立て、計画的に授業を進めていく力は、そのまま転職先の企業でも大いに生かすことができるスキルです。

日々生徒指導や部活など様々な仕事が降ってくる中でも授業というプロジェクトを進めていくのはかなり大変なことです。

また50分という限られた時間の中で1つの授業を完結できるので、企業での会議や打ち合わせ、提案の中でも活かすことができるでしょう。

専門を生かしつつわかりやすく指導することができる

中学校の授業内容は、小学校よりも難易度が上がり専門性が上がった内容ですよね。

興味のない生徒にとっては飽きてしまいやすい内容もある中、できるだけわかりやすく理解してもらえるように指導する力は中学校教員ならではの強みといえます。

一般企業でも、他社に自社製品をプレゼンする時などは専門性を持っていながらもわかりやすく伝えて、相手に商品を購入・契約してもらう必要があります。

伝える内容はもちろん中学校教員とは違いますが、専門性を持ちつつ伝えるスキルや姿勢は、どこの企業でも活かせるでしょう。

チームを作り上げる力がある

部活の顧問をする上で大切なのが、生徒を見守りつつもチームとして作り上げていくスキルです。

これも部活を企業でのプロジェクトチームと考えると、仕事を進めていく上でとても重要なスキルといえます。

転職してすぐにチームをまとめることは少ないと思いますが、将来のチームリーダーとしての資質のアピールポイントに繋がりますね。

中学校教員からの転職におすすめの職業とは?

中学校教員からの転職先には、これまでのスキルを存分に生かせる「教育系の職業」と、「異業種の職業」の大きく2つに分けることができます。

教育系のおすすめ職業

塾講師・塾の運営

中学校での教科指導を最大限に活用するには塾講師として指導するのはおすすめです。

生徒指導や部活指導はないので勉強を教えることに集中したい方には嬉しいですね。

一方で成績アップや志望校合格といった結果を必ず求められるため、常に授業へのプレッシャーはかかります。

また講師としてではなく、塾の教室長や運営をする仕事もあります。

授業よりも教室のマネジメントや講師の指導を担当することになるので、よりやりがいと年収アップが期待できます。

家庭教師

中学・高校受験に向けて家庭教師を求める受験生も多くいるため、中学教員時代に受験指導をした経験があれば家庭教師もおすすめです。

家庭教師と聞くと大学生のアルバイトのイメージもありますが、今は指導力の高いプロ家庭教師が人気。

自身も中学受験の経験があれば、よりお子さんに寄り添った丁寧な指導ができますね。

異業種のおすすめ職業

営業職

高いコミュニケーション力と保護者や生徒への印象の良さがある中学校教員から営業職への転職はかなりおすすめです。

未経験で転職する人も多い業界のため、研修制度がしっかりしている企業も多いです。

毎月決まった給料の企業もありますが、中には営業実績に応じて給料が伸びていく企業もあり、自分の実力を試したい人にもぴったりですね。

教材の制作・企画

専門教科の知識を活かした教育教材の制作や企画、開発もおすすめです。

中学校教員として学んだ知識や視点で新しいものを作りだす仕事は、指導とはまた違った達成感や視点を味わうことができますね。

プロジェクトチームの一員として協力して作っていくことが多く、コミュニケーション力も活かすことができます。

事務職

PCスキルがある人は事務職もおすすめです。

一般企業の他にも大学や学校事務の仕事もあり、学校の様子がよくわかっているので事務職としては貴重な人材です。

新しく覚えることや経理なども担当する場合があるので、常に学ぶ姿勢が大切になりますね。

中学校教員ならではの強みを生かして転職を成功させるには?

ここまで中学校教員からの転職を考えたときの視点で、強みやおすすめの職業をご紹介しましたが、「中学校教員の強みやおすすめの転職先はわかったけど、じゃあ自分にはどんな企業があっているのだろう?」と思ったかもいるのではないでしょうか?

確かに一般的な中学校教員の強みはご紹介しましたが、これを読んでいるあなた独自の強みを生かした転職ができれば、より自分にあった仕事をすることができますよね。

そんな時におすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

>>中学校教員におすすめ【type転職エージェント】はこちら

プロの転職アドバイザーがしっかりカウンセリングをした上で、あなたならではの強みを見つけてくれます。

また、おすすめの非公開求人を紹介してくれるので、一般には出回らない企業の求人を見ることができます。

しかもサービスは全て無料なのが嬉しいですね。

しっかりと面談してカウンセリングをした上で求人を選んでくれるので少し時間はかかりますが、その分自分の理想に近い転職先を見つけやすいです。

無料登録は3分もあれば終わるので、「転職どうしよう?」「自分の強みはなんだろう?」と悩んでいる人ほど一緒にアドバイザーと考えていくのが転職成功への近道ですね。

>>中学校教員におすすめ【type転職エージェント】はこちら